月別アーカイブ: 2015年6月

尿管結石

尿管結石ってご存知ですか?尿管に石がたまってしまう病気です。腎臓で作られてしまったその石が尿道を通る際に詰まってしまい激痛が走るというものです。それに最近、おじさんがなってしまいました。おじさんから話を聞くと本当に痛い病気だそうです。石が体内で作れて、それがちょっと詰まっただけというこの病気なのですが、人間の痛い病気ベスト3に入るほど痛いのだそうです。結石の痛みは七転八倒の痛みといわれるほどだそうです。痛くてじっとしていられないほど…恐ろしいですね。結局、救急車を呼んで病院に行き救急外来で処置をしてもらって何とか治まってそうです。それほどの痛い病気、おじさんの治療法は水をたくさん飲んで、溜まった石を尿と一緒に外に出すことでした。それがうまくいってからは嘘のように痛みが引いたのだとか。正しい治療法がわかれば簡単ですね。病気はならないことが一番。でもなってしまったら専門のお医者さんに助けを求めるのが一番ですね。

 

これでストレスを追い出しています

ストレスで原因で体がしんどい時、気持ちも追い込まれてしんどく感じるときは何か地道で何も考えないような単純作業を繰り返すのが良いそうです。難しい映画や本を読んだりすることは、何か考えるためのエネルギーを使ってしまうようで、休憩するつもりが返ってしんどくなってしまうことがあります。ですからそういう時は単純作業を繰り返しすることで、脳が少し休まり、ストレス解消が出来るそうです。例えば、塗り絵や編み物、裁縫などの単純で何も難しいことを考えなくてもできる作業。でも少し、自分のアイディアが入る作業。このような単純作業はストレス解消に一役買いますよ。今は編み物を始めるのには良いときです。初夏から秋にかけて何か編み物をしておくと、冬の間その自分で編んだものを使うことが出来ますね。マフラーやちょっと頑張ってポンチョなどを作ってみてはいかがでしょうか?これらならちょうどいい時、飽きる前に作品が出来上がるのでお勧めですよ!

腸内環境を整えましょう

腸内細菌はその人の健康を作る、といっても過言ではない。そんな調査報告があります。それほど腸内細菌のなせる業は人の体にとって大切なこと、ということです。だからこそ良いものを食べて、健康な体を保ちたい!そんなふうに誰もが思うことなのではないでしょうか!?思えば、肉をあまり食べなかった日本人。そんな昔の時は大腸癌によって死亡される方は少なかったそうです。それが今や一日のうちに肉を食べない人はほとんどいなくなった今日では、大腸癌によってなくなる人は年々増え続けているそうです。腸内環境が変わって、そして癌になる。恐ろしいことです。食べるものに気を使うということはよりよい人生を送るためには欠かせないことです。良い腸内環境を作るためには乳酸菌を取るのが良いでしょう。乳酸菌はヨーグルトや乳酸発酵された漬物にも多く含まれています。食品ではなくサプリメントで摂取したいときはそれ専用のものが売られています。薬や治療が必要になる前にまず、ご自分でしっかりと健康管理したいものです。

http://www.nyuusankin-chousa.com/