月別アーカイブ: 2014年4月

イタリアンを食べる日

 

今日のお昼はバジルのスパゲティー。イタリアン料理、好きなんですよね。パスタ料理ももちろん大好きです。その中でもバジルを使った料理が好きで、たまに日曜日にはちょっとこだわったイタリアン料理を作ったりします。

イタリアンというとやっぱりパスタかピザですよね。ピザももちろん大好きです!どのようなピザがいいかというと、サラダ感覚で食べられるピザが好きです。薄目のピザ生地に生野菜と生ハムを載せて、ドレッシングをかける。それにかぶりつくのが好きです!ピザの生地がちょうどクリスピーのようにサクサクして、それとサラダを食べているような感覚。シーザーサラダにのっているクルトンとレタスを一緒に食べるような感じになります。さくさくという食感と味のハーモニーが良い感じですよね。

こんなふうにたまにイタリアンを食べると、また普段とは違った雰囲気になれるので、そんな特別な気分に浸るために、贅沢な時間をお昼から味わうのも最高の過ごし方ですよね。

 

良い仕事をするために

足がこれからだんだんむれやすくなってきますね。特にこの時期、サンダルを履くにはまだ早い、だからパンプスなどを履く。それからビジネス用の靴を履く。暖かい気温の時は靴の中も温まってそれと同時に嫌な臭いまで発生してしまうことも。靴を人前で脱ぐのが嫌、と思うのも毎年この時期です。足のムレには細かな換気です。ちょっと誰も見ていなさそうな場所で靴を脱いでみたり、足のマッサージをしてみたり、と足を大切に扱おうと思えば可能ですね。

私は靴をなるべく汗から守るために毎日違う靴を履くようにしています。毎日同じ靴を履いていると、形も崩れるし、あまり良いことがないように感じます。サンダルを履けるのはプライベートの時のみ。ビジネスシーンで履く靴はきつい目のものが多い。そうなるとだんだんと足の指先がしんどくなってきます・足の指は全体のバランスをとっているところ。だからなるべくならゆったりとさせておきたい。でもそれもビジネス用の靴なら難しい。だから、まいにち家に戻ったら裸足で過ごすようにしています。足を大切にすることもいい仕事をすることにつながるんですよね。

研修生

 

私が総合病院に入院していたとき、その総合病院付属の看護師さん達が研修のために私の入院していた病棟でお仕事されていました。看護師の研修生って本当にその年齢が若いもんですね。10代後半から20代前半の彼らを見ていると、命の現場でこんなに緊張しているところ、こんなに責任の重いところをこんな若い子に任せても大丈夫なのかしら、という正直な気持ちが芽生えてきます。自分の病気の症状はそれほど重くないのでまだ不安はありませんが、でも本当に深刻な病気の方が、あんな若い看護師の研修生にいろいろとお世話をしてもらうのはきっと不安だろうなぁと思います。でも研修して勉強しなければプロの看護師にはなれません。だから研修生は机に向かうだけではなく現場で働くこと、実習することが大切なんですよね。

命の現場で働く看護師や医者の存在はなくてはならないもの。だからこそ彼らにはしっかりと学んで、未来の医療スタッフの一員になって欲しいものです。

http://www.xn--cckea1ewec5c9mv75wn1tu6ovlhim4bht5au97d.com/entry10.html